その時間、お客様の時間です

ツタバナ講師の宮川俊二です。

私はアナウンサーですが、ワイン好きが高じて2002年に日本ソムリエ協会のワインエキスパートという資格を取り、ワイン界にそれほど貢献したという覚えもないのですが、同協会から名誉ソムリエの称号もいただいています。

そんな関係からソムリエの皆様に話し方のアドバイスをしたり、サービスの在り方について雑誌に寄稿したりしてきました。

その際、よくお伝えするのが冒頭のフレーズです。

私たちは何かお話をする時、それが自分の時間だと思っていないでしょうか。

もちろん自分が何かを伝えるのですから自分の時間です。
しかし、それは同時に、話を聞かされる相手の時間をいただいている、奪っている、ということを忘れてはなりません。

 

レストランのソムリエサービスでは、料理をテーブルに運んで、説明をします。
その時、お客様は大切な商談に入っていらっしゃるかもしれませんし、恋の花が咲こうとしていることも考えられます。

そんな大切な時間をいただく、奪ってしまうのです。

では、この場面、お客様からどれくらい、時間をいただけるでしょうか。

私は「30秒にしてください」と注文をつけます。

それは私だけでなく、料理を作った厨房のシェフの気持ちも代弁するものです。

「熱いものは熱い内に、冷たいものは冷たい内に」口に入れたいものです。

サービススタッフが厨房からテーブルに料理を運びます。
そこで何秒かかっているでしょうか。
そして料理の説明は何秒でできるでしょう。

サービスに許された時間が30秒であるなら、何を、どう説明して、28秒くらいで、どうぞお楽しみください、という言葉までもっていくか。

それには日頃の訓練が必要です。

印象に残るキャッチをつける、「ほう」と思わせる新情報を盛り込む、だから、この料理を食べて欲しいという動機付けで締める…。

 

実は、こうした日頃の訓練は、レストランサービスのお話ではなく、皆様がこれから勉強したいと思われている「伝える話し方」のキーポイントになることです。

自分に許された時間は、どれくらいか。
その中でどうしても伝えなければならないことは何か、そのため、どんな話題を選び、どう構成するか。

私たちアナウンサーは現場で、いつもそれを考えています。。

 皆様も、少しのヒントで、就職活動の自己PR、企業のプレゼンも、大きな成果が出るかもしれません。

長年の経験といいますか、苦心してきたことを踏まえ、皆様にお教えするというより、ご一緒に、より「伝わる」方法を考えていければと思っています。