「頭の中身は話し始めで9割バレる」

少し前、このブログで「9割本」について書きました。

15年ほど前に大ベストセラーになった「人は見た目が9割」から最近の「人は話し方が9割」に至るまでの変遷にちょこっと触れてみました。
興味のある方はアーカイブをどうぞ。

 

さて今回は、他人事ではなく、自分が「9割本」を書くなら、どんなタイトルでどんな中身を書こうかと緩く考えてみました。

するとこんなタイトルが(天から)降りて来ました・・・

 

「頭の中身は話し始めで9割バレる」

 

「バレる」→「ばれる」とは「馬脚をあらわす」「ぼろを出す」「メッキがはげる」「化けの皮をあらわす」などネガティブな本質が露見する場面に使われますね。

頭の中身のお粗末さが「バレる事態」は何とかして避けたいものですが、それが話し始めの「ホンの一言」で「バカがバレる」なんて事態は絶対に避けたい!

心当たりがある方が「密かにAmazonかなんかでソッと購入」なんてことにでもなればベストセラーも夢ではない!かも知れません。

 

頭の中身、頭の出来具合が、話し始めに口にした「ホンの一言」でわかってしまう、そのホンの一言とは、例えばどんなものでしょうか?

無い知恵絞って考えました。

私が思うに、例えば「変な話ぃー」で話を始める人の9割は「頭の中身」を疑われる恐れがあるということです。

 

  • 若手部下「変な話ぃー、ビールって泡が大事じゃないですかぁ」
  • 上司「そうねぇ、泡、大事だよね」
  • 部下「変な話ぃー、ソーセージとかと合うじゃないですかぁ」
  • 上司「ソーセージ、良いねぇ」
  • 部下「変な話ぃー」
  • 上司「あのね君、ひとつぐらい、ホントに変な話をしてくれないかなぁ」

 

これと同じ類いで、話し始めに「要わぁ」と言いながら一向に「要領を得ない話」をダラダラ続ける人、話の冒頭を「逆にぃー」と言いながら逆のことを言わない人など、話し始めた瞬間「こりゃダメだ・・・」とがっくりさせる人がいます。

 

事ほどさように「話し始め」は人の「知的レベル」の「指標」とされるほど重要なのかも知れません。

どうでしたか?

 

「頭の中身は話し始めで9割バレる」

 

ツタバナ講義の合間の雑談に、使えるようなら、使ってくださいね。