会話を円滑にするポイント!

人と話をする時、発声、滑舌、間、抑揚など大事なことはいろいろありますが、いの一番に大事なのは話す相手としっかり目線を合わせる事ではないでしょうか。

 

話す相手が作業中で、人の話を聞く姿勢に無い場面で、べらべら話し始めても、聴き手は聞く準備ができていませんから、何を言われているのか戸惑うばかりです。

 

話しかける時は、まず、相手の様子を見て、話しかけても良さそうなタイミングか、相手を困らせそうなタイミングか判断してから声をかけるようにしましょう。

 

相手があなたの方に体を向け、聞く体勢に入り、あなたと目線が合ったところで話し始めると、その後の会話もスムーズになります。

 

目線を合わせるのが大事なのは何も一対一の会話に限りません。

 

複数人を相手とするスピーチやプレゼンでも、聴衆の一人一人と目線を交わし合うと話の到達度がグンと上がります。

 

目を見て話す。

こんな当たり前のことが、会話を円滑にするポイントなんですね。