話し方のメインテナンス

私たち「話し方レッスン【ツタバナ】」、これまでの無料の「体験レッスン」に加え、55分間の有料の「本レッスン」がスタートしました。

 

たとえば、三十代そこそこの若さで、何人もの部下を抱え、貴重な睡眠時間を削るようにして、ツタバナに参加していただきました。
「話し方をスキルアップさせることで、会話の効率化、時間の有効活用をしたい」と仰っています。

 

話し方の技術を高めることが、「時間あたりの収益を上げることにつながる」と言い切られた若き経営者のお言葉に、身の引き締まる思いです。

 

また、理系の大学2年生の男性は、大学入学早々コロナ禍で、彼の目指す道には不可欠な「実験・実技」を始め、授業の多くがPCを使った遠隔授業。
それに連れ「生身の人間との会話機会の激減」、会話力の減衰に対する「危機意識」が募ったのだそうです。

私には化学式の知識はゼロですが、「生身の人間」として貢献できる事もあるに違いないと自らを鼓舞して、お話をしっかり聞きつつ、彼の「話し方のメインテナンス」に貢献すべく、彼と一緒に前に進んで行くべく、頑張っているところです。

 

「話し方レッスン」と一口に言ってしまっていますが、つくづく幅広く、奥深い知識と知恵が求められるものと、気合いを入れ直さねばと自らを鼓舞する日々が続きます。

 

皆様にお目にかかれること、ツタバナ講師一同、心待ちにしております!