日本の ビクトリア・ピーク

梶原しげるです。

 

10月6日午後、仕事先の 北区王子 に、予定より一時間も早く到着しました。

 

目的は、大河ドラマ「青天を衝け」のモデルとなった 渋沢栄一 ゆかりの飛鳥山公園を訪れることでした。

 

四十年も前、抽選に当たって荻窪の六畳一間のアパートから「夢の公団住宅(団地)」に転居したのが 北区王子 でした。
当時は、週に二回の泊まり明け勤務を含む、仕事仕事の毎日で、せっかく移り住んだ、下町情緒豊かな王子の街を満喫しないまま、事情があって、またまた転居と言うこととなってしまいました。

 

裏町の赤提灯へはちょこちょこ出掛けたりもしましたが、王子の最大の観光ポイント、春の桜、秋の紅葉の光景で名高い飛鳥山公園に、一度も足を向けられ無かったのは、大きな心残りでした。

 

秋の日差しが心地よい、王子駅前から歩いて30秒のところに、飛鳥山の「頂上」に向けたモノレールがあったなど夢にも思いませんでした。

しかも無料!

 

しかも、北区出身のスーパースター、寅さん映画でおなじみ、倍賞千恵子さんのガイド(もちろん録音ですが・・)までついています!

ぐんぐん頂上に近づく感じは、香港のビクトリア・ピークへ進むケーブルカーみたい、というのは言い過ぎですが・・・
そして到着した公園の、そこら中に「青天を衝け」という文字と「渋沢栄一」という名前を記したのぼり旗が翻っていました。

 

大河ドラマのファンや、渋沢翁を敬愛する皆様は、是非一度、ビクトリア・ピーク気分を味わいながら「待ち時間ゼロ」のモノレールに乗って、日本の繁栄の礎を築いたが翁を偲び、激動のあの時代に思いを馳せる!

 

是非一度訪れてはいかがでしょうか。

なんせ、無料ですから・・・