宮崎美子さんに笑われそうな「こんなの読めないの?」の漢字たち

梶原しげるです。

 

某「日本語本」に「間違えやすい漢字」がズラリ並べ立ててありました。

正札→しょうふだ
御用達→ごようたし
職人気質→しょくにんかたぎ

「な〜んだ、こんなレベルかあ・・」と馬鹿にしていたら、その先が少しだけ手強かった・・・

 

阿諛(あゆ=お世辞)
薨去(こうきょ=皇族の死に使う)
齷齪(あくせく)
心許り(こころばかり)
蝶番(ちょうつがい)
突慳貪(つっけんどん)
客死(きゃくし・かくし)
細石(さざれいし)
匕首(あいくち)
月代(さかやき)
虚仮(こけ)
親許(おやもと)
昔の好(むかしのよしみ)
産土神(うぶすがみ)
(いびつ)
吉左右(きっそう=良い便り)
悪阻(つわり)
疎漏(そろう)  早漏なら読みも・・ 意味もわかるのになあ・・・

 

まだまだ修行が足りないようです、反省・・・

 

写真:最も画数が多い漢字の2大巨頭「びゃん」と「たいと」