賃貸マンションVS賃貸型マンション、その違いとは?!

梶原しげるです。

 

朝日新聞の大見出しは「小室眞子さんと圭さん、質問に文書で回答・・」一方で、小見出しでは「小室圭さんと眞子さんの結婚記者会見・・・」なんとなく、お二人の扱いについてバランスをとろうとするのか、気をつかっているようにも感じられますね。

ま、どっちが先だろうと、どうでもいんですけど、おめでたいんだから。

とはいえ、世の中、暇な人が多いと見えて、いろんな声が聞こえてきます。
私は、純粋な愛を貫き通そうとする、けなげな二人に、シンプルに感動しています。
そもそも、若い素敵なカップルの笑顔に、あれやこれやで水を差すのは粋じゃない気もします。

 

お二人はニューヨーク渡航を前にしばらく都内のマンションでお過ごしになるとのことでした。
このマンションのことをテレビでは「渋谷の賃貸型マンション」と言っていました。
「賃貸マンション」じゃなくて「賃貸型マンション」?

あまり聞かない表現です。

「賃貸マンション」という響きは「安っぽく聞こえる」から避けたのでしょうか?

ちなみに住宅情報など戸建て、マンションを扱う雑誌に目を通しましたが「賃貸マンション」は山のように出てきますが「賃貸型マンション」はわたしが見た限り「ゼロ」でした。

 

「賃貸型マンション」のほうが「賃貸マンション」より「格上」みたいな感じでロイヤルファミリーには「賃貸型にしよう!」とでもおもったのでしょうか・・・

というわけで、お二人は渋谷の賃貸マンション、では無く、「賃貸型マンション」でしばらくお過ごしの後ニューヨークにお発ちになるということですね。

 

ついでですが、お二人の「今後の予定」をレポートする女性記者が「アメリカに渡航するお二人」という「渡航」を「とこう」ではなく「とうこう」と言っていました。

「とうこう」といわれると、思い浮かぶ感じは「投降」です。

 

新しい人生の旅立ちにあまり相応しくない響きだなあと感じました、どうでも良いですが・・・