ネットショッピングの思わぬ「罠」にご用心

梶原しげるです。

 

Amazonの通販など、ワンクリックで買い物ができ、大変便利で助かる一方、デジタル能力が私のようにお粗末だと、とんでもないことになる恐れがあります・・・

 

3年ほど前に、誰もが知っている有名メーカーの「ボクサーパンツ」を3枚セット3千円弱でネット購入しました。

 

百貨店に行って、チョロチョロ下着を選ぶというのも「この歳でどうかなあ〜」と思い、ネットで買うことにしたわけです。

 

注文して3日と経たずに送られてきた品物はしっかりした作りで納得の商品でした。

 

新しい下着というのは、実に気持ちがいいものです・・・

 

なんて思っていたら、その4ヶ月後にまた同じ3枚セットが我が家に届きました。

 

「まあ、6枚ぐらい新しいのがあれば、古いものから処分すれば、ちょうどいいや」と思っておりました。

 

ところが・・・

その4ヶ月後・・・

またまた、同じセットが届きました。

 

「使用感も申し分ないし、いい商品である事は間違いないが、このペースで行くと・・・・・・・・」
1年に9枚!
2年後には18枚!!
3年経ったら、27枚!!!

「そんなに沢山のブリーフは、いらねーよなあ・・・」

 

 

なんでこんなことになったのか???

 

私はだんだん恐怖に駆られ始めました。

 

「誰かの陰謀で、送り付けられているのではないか?
我が家がブリーフの山で覆われる日が来たら大変じゃないか!?」

 

 

「ネットのトラブル回避」で毎度お世話になっている、ツタバナ運営スタッフのM君に、ここ3年間の「苦しみと不安」を訴えると、意外にも、解決は一瞬でした。

 

「梶原さんは、注文した時、お買い得な定期購入という赤いボタンを押していた記憶はありませんか?」

 

 

記憶には全くないのですが、私以外にそんなことをする奴はいないので、犯人は私だったんですね。

 

私がポチッてしまった赤いボタンのせいで、この3年近く、落ち着かない思いをしていたというのですから、私は大馬鹿者です。

 

M君のおかげで、私の部屋が、ブリーフだらけになる悪夢のような事態が避けられ、気分がスッキリしたのでした。

 

皆様も、余計なボタンにはタッチしないよう、どうぞご注意ください、って他人に言える立場じゃありませんが・・・

 

しょうもない話で失礼しました・・・

 

 

 


「妻がどんどん好きになる」発売中
光文社