財布の紐がついつい…

梶原しげるです。

 

パソコンで文字を書いて、飽きたり退屈したりすると、iPadをいじって犬の動画や犬関係の情報をチェックして、ささくれだった心を癒したりしています。

 

犬の記事の中に「犬も冬は寒いんです」というのがあり、冬用の犬のコート特集がありました。

 

我が家の黒トイプードルのレオくんは12月だというのに、いまだ、薄っぺらな夏のTシャツを着させているのが申し訳なく思い、二子玉川にあるガーデンアイランド、JOKER DOG&CAT AVENUE とい犬猫専門店に行ってみました。

 

地下の駐車場からそのフロアーに着くと、売り場に犬とその飼い主たちが、緑道で犬を連れ回すように行き交っています。

 

2頭3頭と複数のわんちゃんのリードを引っ張る客もいました。

 

板張りの床は、足に心地いいのか、初めての場所というのに、レオの足取りはいつになく軽快です。
冬のダウンコート風なものから、ジャージー風、セーター風とバラエティーに富んでいます。

 

売り場のお姉さんが犬扱いに長けていて、「これなんかお似合いじゃないですか?」というなり、ささっと手際よくレオに着せ「わあ、サイズもぴったりですね!」と嫌味なくプッシュするのです。
気がついたら、コートを二着、間に合っていたはずのリード(首輪と紐)まで気前よく買ってしまいました。

 

コロナのせいもあって、妻も私も、今年の衣料品購入はほぼゼロというのに、レオはいきなり、3点も・・・
子供と、犬には財布の紐がついゆるむというものなんですかね・・・

 

「犬に服を着せるなんて愚かなことだ!何のために身体中が毛で覆われているんだ!」

 

私も長年そう思っていましたが、ネットにあった「犬も冬は寒いんです」というキャッチフレーズに、まんまとやられてしまったという感じもしなくはありません。

 

ま、良いか・・・・

 

俺たち夫婦は何も買っていないんだし・・・・