【ツタバナ】講師の鈴木寛子です。

お正月が近づいてきました。

 

コロナのおかげで、年末年始に海外へ・・は、今年もお預けになりそうですね。
真冬のこの時期、遺跡歩きにもってこいのエジプトや、南半球のペルー・マチュピチュに出かけたことなど思い出します。

 

ところでハワイには100年以上前に移民した親戚が各島に大勢いて、たびたび出かけていますが、お正月にもたずねたことがありました。
でもみなさんの思い描くハワイとはまるで違い、私のハワイ体験はどっぷり日系アメリカ人の暮らしに入り込むドメスティックなものです。
特に2世のおじやおばが元気だった頃には、日本人以上に日本的な習慣や考え方に驚かされたものです。

 

お正月には、お屠蘇のまねごとをし、お雑煮を祝い、おせち料理を手作りし、NHKの紅白を楽しみ、なんと近くに住む親戚を”お年始”にまわったりもしたものです。
さすがに、3世4世5世の今の日系人はそこまではしませんけど・・日本の伝統や習慣を大事にしてる人たちです。
結婚式や葬式を仏式で行い、ハワイに出かけ教会で・・の日本人の結婚式とは違い、”南無阿弥陀仏”の大合唱で執り行われます!?去年、今年と中止になってしまいましたが、各地にあるお寺を中心に”盆踊り”も盛んで、この夏はリモートで練習したみたいです。
櫓を組んで、浴衣姿で踊る様子は、全く日本の盆踊りと見分けがつきませんねー。

 

そんなハワイでは、2年越しで日本訪問を待ってる日系人たちが大勢います。
私たちがハワイに行きたいように、ハワイで祖国日本観光を夢見るいとこからは、「来年は行けるだろうか・・」のメールが来ますが、「気持ちはわかるけど、来年のことを予言するのは、まだ時期尚早かも・・」と答えざるを得ません。

 

旅心がうずくのは、日本人もハワイの人も一緒ですが、すべてコロナの気分次第ですから・・!?ほんと罪作りなウイルスです。

 

来年の今頃は、楽しく旅の計画を立てられるといいですね。

 

みなさまどうぞよいお年を・・・♡