「あ」と「ん」

梶原しげるです。

 

国語辞典の最初に出てくる言葉は何だと思いますか?

 

そのとおり!「あ」ですね。

 

(1)広辞苑には、「驚きや感動を表して発する声」と説明し、「あ、あぶない」「あ、ホームランだ」などの用例を載せています。

一方でこんな解説も。

「母音のひとつ。口を広く開き、舌を低く下げ、その先端を下歯の歯ぐきに触れる程度の位置に置き、声帯を振動させて発する・・・」
「あ」一音にもいろいろな意味があるというわけです。

 

(2)今年早々に発売された「三省堂国語辞典第八版」も、最初に出てくる言葉は「あ」です。

「あ」たりまえですが・・・

こちらも、語釈にはけっこうなスペースを使っています。
「あ」→感動詞

1:急に思いついたり気づいたりしたときに出す声。
「あ、そうだ、忘れてた!」
「あ、こわれちゃった」
「あ、ちょっといいですか」

2:軽く驚いたり、感動したりしたときに出す声。
「あ、久しぶり」
「あ、これおいしい」

3:相手の言ったことに対して、軽くあいづち打つときに出す声。
「あ、そうですか」
「あ、わかりました」

 

(3)少々くどくなりますが、明鏡国語辞典最新版の最初は「あ」(感動詞)で始まっています。

1:「驚いたり感動したり急に思い出したりした時などに発する語」
「あ、そうか」
「あ、財布を忘れてきた」
「あ、いいとも」

 

(4)一方で、現代新国語辞典第六版は平仮名「あ」ではなく漢字の「亜」から始まっています。

「亜」は「あるものの次に位置する・第二の」という意味で「亜熱帯」(熱帯の次の暑苦しさ?)なんて時に使われます。
例文としては「彼は亜流だよ(本流じゃないよ)」が上げられています。
とはいえ「亜」の直後には「あ」(何かに驚いたり、気づいたり、深く感じ入ったり・・など)感動詞、との説明が成されています。
辞書の始まりの言葉とはすなわち「あ」と答えれば「正解」といえます。
そりゃあそうだよね・・・

 

では辞書の終わりに出てくる言葉は何でしょう?

 

はい、そのとおり、「ん」でした!

 

広辞苑は「ん」
三省堂国語辞典は「ん」「んーん」(感動詞)

 

ひどく言葉につまったときや感心したときなどの声「んーん、んんん」
幼児語で、否定の気持ちを表す「んーん、違うよおー、んーん、んーん」」

明鏡国語辞典は格助詞の「ん」
僕のうち→「ぼくんち」の「ん」

現代新国語辞典も「ん」
打ち消しの助動詞「ない」→「ぬ」
例:「言わんこっちゃない」の「言わん」の「ん」

 

早い話が国語辞典のほぼ全てが「あ」で始まり「ん」でおわる事を確認できた、って、これまた、あたりまえな結論で失礼しました・・・

(時間泥棒より)