【いますぐに1秒で声が通るようになるかも?しれないコツ】

こんにちは。ツタバナ講師の土井里美です。

 

これを読んでくださっているあなたに質問です。

 

あなたの声はよく通りますか?

 

雑踏の中でだれかを呼んだり、にぎやかな居酒屋さんで店員さんにビールを追加注文するとき(筆者はビールが大好き)に、大きな声を出しているつもりでも、なかなか相手に届かない。

 

そんな経験をしたことがある方に、試してもらいたいことがあります。

 

鏡の前に立って、首の位置を今よりも後ろに調整してみてください。

それだけです。

 

スマートフォンが普及して10年以上がたちますが、その間に私たちの空き時間は手の中を覗き込むことに費やされるようになりました。

 

積み重なったスマホ時間は、私たちの姿勢を変えてしまったように思います。

 

首を妖怪のように前に出した「ろくろっくび」ならぬ「スマホっくび」になっている方を、街中で見かけます。

あなたは、スマホっくびではないですか?

 

声は息が声帯を震わせ、声道を通って発せられます。

 

この声道がスマホっくびのせいで曲がっていたら、声の通り道が邪魔されてしまいます。

 

声が邪魔なく口の外まで駆け上がれるように、声道はまっすぐであってほしいです。

 

以前、屈強な体育会系の男性が「どうしても声がくぐもってしまう」というお悩みで、レッスンにいらしたことがありました。

首の位置を変えた途端よく通る声になって、ご本人も私も驚いたものでした。

 

あなたも試しに、スマホっくび状態に首を前に出して「あー」と言いながら、少しずつ首の位置を後ろにずらしてみてください。

声の変化に驚くかも。

 

コロナが終息してにぎやかにお酒を楽しめるようになったら、ビールのおかわりは是非首を上に伸ばして高らかにどうぞ♪