「話し方のお悩み」とその「解決策」 ツタバナ「超簡単マニュアル!!」

梶原しげるです。

 

ツタバナがお勧めする「話し方のお悩み」とその「解決策」

これは、ツタバナの「非公式テキスト」ですが、「話し方に関するお悩み」に「解決策を与える」というシンプルな形を取りました。

「悩み」→「解決」と、超シンプルにQ&Aとしました。

ツタバナの「話し方」に必須な7つの技をより分かり易く示しました。

ご自分の話し方の「悩み」「弱み」をイメージしつつご活用ください。

 

困りごと1:声が小さい、擦れて弱々しい、長くしゃべると声帯が枯れて痛い。

解決法?
自然な呼吸が胸を通り抜け、胸、顔面、肩、腹を音響版にして
響かせる発声を学ぶ。

声を体に響かせるには言葉のスピードを緩めて自分の出した声
を自分の体の各所に響かせるよう努力する。
響く音は「颯爽とした元気な、押し出しの強いキャラクター」
との印象を与える。

 

困りごと2:舌が回らず子供っぽい、拙い発音や、もごもご、くぐもった暗い発音になる。

解決法?
ツタバナレッスンで必ず行う、舌を倍速で素早く確実に動かす
ための㊙「滑舌練習」を「血のにじむまで」繰り返す。
滑らかな滑舌は明るいキャラクターを印象付ける!

 

困り事3:声に出して読もうとすると、一本調子、無味乾燥、ショボくなリ自分でも退屈する。

解決法?
聴いてくれる人を前にして、又はイメージして「読み聞かせる」
ように相手が心地よくなるようなスピードとリズムで語りかけ、
訴えかけてみてください。

届きますよ!

 

困り事4:気まずい会話!無言な瞬間が何度も出て、話は一向に弾まない、居心地悪い・・

解決法?
自分が上手に話そうとする前に、相手への「無理矢理な好奇心」
を向け、質問を繰り返し返ってきた言葉に「え?!いいですね」
「スゴい!」と褒め(コンプリメント)を繰り返す。

「自分が話す」というより「相手が気分よく話す」ために「上手
な疑問」を繰り出すのが胆!

 

困り事5:避けたいスピーチ。声も体も震えて、その場から逃げ去りたくなる。

解決法?
話す内容を「暗記」しようと頑張りすぎない。
大きな字で書いたメモを演台やテーブルに
おいて、大事なコメン
トは字を大きくしたり赤字にしたりして堂々と読む。
大勢の人を前にして
いても、話す相手は「皆さん」ではなく観客
の中でも知った人、優しい目で見てくれている人「
この人」「あ
のひと」と頼りになる「怖そうでない人物」に向けて、一対一の
話のように話すと
、比較的上がらない。

 

困りごと6:自分をアピールするなんて考えを捨てる。

解決法?
自分が推す、企画、アイデア、商品、を「自分が使って、こんなに
良かった。
「薦めた人がこんなに喜んだ」「これがあなたの元に届けばあな
たはこんなに得をする」など自分が推す、企画、商品等々があな
たの生活を、人生を豊にする
んですよ!と聴衆の「楽しい近未来」
を熱く語ればそれで良い。
ジャパネット方式ですね。

 

困りごと7:場を仕切るなんて無理無理!その気も無いのに思いっきり「ヨイショ」して紹介したり、そういう白々しいことはしたくない!

解決法?
司会とはすなわち「ヨイショ役」だと観念して、「美点・長所」を
無理やり探して紹介コ
メントに代えて伝えるのはインチキな気もす
るが、言われた方は案外喜んでくれたりするから使
わない手はない。
そう考えれば「司会」もそんなに辛くない。

 

「話すこと」とは「心地よさをギブすること」と同意語だ、と、心得ましょう。

そして「心地よい話」こそが一番良く、相手に「伝わる話」=ツタバナなのです。