オンラインでの「映り方の工夫」に納得!! 

梶原しげるです。

 

【ツタバナ】講師・土井里美さんの、オンラインでの話し方への工夫、なるほどなあ・・と感心しました。

 

パソコン内蔵カメラの位置が下過ぎると、パソコンへ向かい話している人が「上から目線な表情=偉そうな顔」にみえてしまうことがありますよね。

 

逆に、イスが低くて、その結果、カメラの位置が高い所に位置するままに話を続けると顎が上がって、見上げるような不自然な顔になってしまいます。

 

土井さんはパソコンの高さを自在に変えられる「パソコン台」を使って、最も適切なカメラ位置でオンラインの会話を行っていると言うことで、パソコンの向こう側のお相手さんには、土井さんの一番自然な表情を届けることができるというわけです。

私の経験からすると、女性の方はおおむね自分が、自然な表情にみえるようにパソコンの高さを調整している人が多い気がしますが、男性はあまりそういうことに頓着しない傾向がある気がします。

 

例えば、私がその一人でした。

 

わざわざパソコン台を購入しなくとも、パソコンの下に厚めの本を敷いたりすることでなんとかなりそうですが、いずれにしても「自分がどういう風に映っているか?」についての関心は持っておいた方が良さそうですね。

 

他に、映り方に「こんな工夫をしている」などありましたら、是非情報を共有しましょうね。