うん⁉「その言い方、気になるなぁ」

梶原しげるです。

 

この2〜3年、「気になる言い方」が、若者を中心に広がっています。

 

「何なら(なんなら)」が、従来とは違った使われ方をしてるのです。

 

これまでは「何なら」は、こんな風に使われていました。

A氏:「私って、明太子大好き人じゃないですかあ」
B氏:「ほお・・何なら本場博多の明太子、買ってきましょうか?」
A氏:「えー?!そんな、いいんですかあ?」
B氏:「たまたま日帰り出張で博多に行く用があるんです、何なら博多人形も?」

 

なんだかわざとらしい例となってしまいましたが・・・
この会話に登場した「何なら」「もしお望みなら」「お好きなら」「お嫌いでなければ」
「良ければ」「必要ならば」という意味で使われて来ました。

 

仕事を終えて帰宅の途につく同僚同士の会話。

A氏:「梅雨時はムシムシして嫌ですねえ・・会議も長引き、喉も渇いたし・・・」
B氏:「何なら、帰りに一杯ご一緒しませんか?何なら生ビールでも」
   (もし良かったら)
A氏:「いいですねえ!何なら、そこの角を曲がったところに、行きつけの店があるんですよ」
   (気に入っていただけるかどうかわかりませんが、と「ぼかす言い方」)
B氏:「そりゃあ良い!!何なら、ギンギンに冷えた日本酒なんかも良いですねえ!」
   (よろしければ)
A氏:「何なら、次の機会と言うことにしましょうか?」
   (都合が悪いなら、と、ぼかす言い方)

数年前までは「何なら」はこういう場面で使われてきました。

 

ところが、今、若い連中は「何なら」をこんな文脈で使用していると、最新の辞書にも用例としてしっかり記されているのです。(三省堂国語辞典最新第八版)

「あの番組好きだった。何なら(なんなら)毎週見てました」

 

この「何なら」「しかも」「それどころか」「もっと言えば」など、「毎週見てた」を強調する「副詞」として機能しています。

 

「強調語としての何ならに不慣れな「中高年世代」には、強い違和感や不快感を覚えるかも知れませんが、一方で
「え?!何ならのどこがおかしいんですか?」と目を白黒させる若い連中もいるようです。