「言葉の学習」

こんにちは。
【ツタバナ】講師の鈴木寛子です。

 

私たちの暮らしでは、今やネット関連の膨大な単語がすっかり定着し、毎日の暮らしの中で使われるようになりました。

 

でも、”映え” ”ググル” はわかっても、浄瑠璃って何?みたいな若者に遭遇すると、なんだかなぁ・・と思ってしまうのは歳のせい?
日本の文化や伝統にも関心を持ってほしいなと思うと同時に、『なたね梅雨』『八十八夜』などの日本古来の趣きのある言葉も忘れてほしくないものです。

 

私は、時々英語の辞書をのぞきます。
先日もハワイのいとこから来たメールに”glaucoma”とあり、緑内障のことと知りました。
学ぶべきことはたくさんあるのに、この頃は忘れる方が早くて、困ってます・・。

 

昔、通訳の勉強をした時、何かを形容するのに3通りの言いかたができるように・・と言われたものです。
これは日本語にも当てはまりますね。
語彙を増やし、豊かな表現力を身に着ける上でも大事なことだと思います。
上手な食レポじゃありませんが・・
「美味しい、美しい」などを様々な言い回しで言ってみる練習です。
結構大変です。

 

文化放送が四谷にあった頃、時々トイレで会う大物歌手がいました。
彼女はいつもボロボロになった日本語辞典を持ち歩いていました。
表向きはコワモテタイプの女性ですが、知らない単語の意味を調べ、漢字を覚える努力を日々なさってることを知り、感心したものです。
その謙虚さ、勤勉さに頭が下がりました。

 

私たち喋り手が一度は手にするのが「日本語発音辞典」。
”クマ”の正式なアクセントは・・?など、普段の生活の中ではどうでもいいことでしょうが・・
もぐりのアナにならないよう勉強します!?

 

最近とても気になるのが、”月”のアクセント。
『2月』『4月』の読み方が、世の中ですっかり変わってしまいました。
あなたは正しいアクセントで言えますか?
もっともみんなが間違った使い方をするようになると、いずれそれが定着していくこともありますからね・・

 

今はその過渡期か・・?と考えるようにしてます。