梶原しげる流「上手な話し方」を身につける練習方法

皆さんこんにちは。
オンライン話し方教室「ツタバナ」塾長の梶原しげるです。

「ツタバナ」のレッスンをしていますと、皆さん「上手な話し方」がかなり気になっているようです。

よく、「立て板に水」と言いますが、すらすらと言葉を出し続ける話し方を「上手な話し方」と考えられている方が多いのですが、私は少し違うのではないか、と考えています。

今回は「上手な話し方」とは何か?
そして、「上手な話し方」を身につけるための練習方法について、書かせていただきます。

梶原しげる流「上手な話し方」を身につける練習方法

【目次】
1)「立て板に水」は実は「上手な話し方」ではない?
2)「上手な話し方」とは「上手に伝える話し方」
3)「上手な話し方」を身につけるには?
4)話さないとノドは衰える
5)まとめ

 

1)「立て板に水」は実は「上手な話し方」ではない?

ところで「上手な話し方」とは、どのような話し方なのか?

考え方は色々とあると思いますが、私は、相手に対して、自分の考えを間違いなく伝えることができる「話し方」だと考えています。
その人の話を聞いて、苦労することなく内容を理解することができる…それが大切ではないでしょうか?

「立て板に水」と申しますか、べらべらと言葉を連ねる、単語をどんどん重ねる話し方をされる方もいます。
一般的には、「上手な話し方」と思われるかもしれませんが、それで話す内容が伝われば良いのですが、そうでなければ、ただ、長々と音を出しているだけに過ぎません。

「立て板に水」は、一見、話し上手に見えますが、必ずしもそうとは言えない場合が多いように思われます。

では、「上手な話し方」とは実際、どのようなものなのでしょうか?

2)「上手な話し方」とは「上手に伝える話し方」

答えを先に言ってしまえば、

「上手な話し方」とは「上手に伝える話し方」

ということかと思います。

聞き手にとってみれば、その人の話の内容を、苦労せずに理解できること。
相手が話している内容=「絵」を、簡単に脳内で共有できること。

それが簡単にできるような話し方こそ、「上手な話し方」だと私は考えています。

逆に、「立て板に水」のごとく、言葉が次から次へと出てくるとしても、その人の話を聞いて、聞き手の脳内に「絵」が浮かばなければ、好き勝手に歌っている人に過ぎません。

その基本は「相手に対するいたわり」だと思います。
話し方もそうなのですが、「聞いていて興味深い」内容であったり、その話し手と時間を共有したことは有意義だったと感じられる人は、話し上手だと思います。

3)「上手な話し方」を身につけるには?

とすると、「上手な話し方」とは、話の内容であったり、聞き手の距離感であったり、といったように、テクニック以外の要素=「心のありよう」が大きいかもしれません。

ただ、ちょっとした練習で、自分の話すことが確実に相手に伝わりやすくなる方法がありますので、ご紹介します。

それは「音読」することです。

新聞記事でも、ちょっとした物語でも良いでしょう。
そんなに長い文章でなくても良いです。(1分だと短すぎるので3分ぐらいの文章がおススメです)

その際、エンピツでも何でも良いですので、その文章で重要なキーワードに線を引くことがポイントです。
その重要なキーワードを相手にしっかり伝えるつもりで音読することを毎日繰り返すことで、あなたの話し方は、相手に伝わりやすくなっていきます。

4)話さないとノドは衰える

ちなみに、話していない(声を出していない)と、ノドは確実に衰えていきます。

例えば、私の場合、土日を休んだ後の月曜日の「こんにちは」と、毎日話続けた後の金曜日の「こんにちは」は、確実に調子が違います。
声を出し続けていない月曜日の「こんにちは」は、調子が今一つなのです。

ここ2年以上、コロナ禍でテレワークという方も多いかと思います。
場合によって、一日中、家で働いていて、ほとんど声を出さない…といった方もいるでしょう。

自分では気が付きづらいのですが、話していない確実にノドは衰えていきます。
オンラインミーティングなどで久しぶりに話すと、まず、思ったように声が出ない…なんてことになりかねません。

こういったことを防ぐためにも、ちゃんと声に出して文章を読む「音読」は、テレワーク時代に必要なことかもしれません。

5)まとめ

今回は「上手な話し方」とは何か?
そして上達のための練習方法「音読」について書かせていただきました。

中味を読むと「なあんだ、そんなこと」と思われるかもしれませんが、ちゃんと実践してみると、かなり違うはずです。

ちなみに、相手に伝わりやすい話し方のテクニックとして、先に目次を話しておく…というものがあります。
例えばプレゼンなどで、

「今日は話したいことが3つあります。まず1つ目は…」

といって、これから話題をいくつ話すのか?を明確にしてから話すという方法ですね。
確かに、伝わりやすいかもしれませんが、こうしてテキパキと話されると、聞き手は案外居心地悪いものです。

この「今日は話したいことが3つあります。まず1つ目は…」と同じ内容を、ごく普通の会話の中で、さりげなくできると、良いですよね。
これは、なかなか難しいかもしれません。

ただ、最も大切なことは、「相手をいたわって話す」こと。
そこから始められると良いかもしれません。


もし、ご興味がありましたら、無料体験を行っていますので、ぜひ一度、ご参加ください。
オンライン話し方「ツタバナ」無料体験はこちら