「人を惹きつける話し方」のコツは「相手のイメージを持つ」こと

皆さんこんにちは。
オンライン話し方教室「ツタバナ」の塾長・梶原しげるです。

話していて、この人といつまでも話していたいなぁ…と惹きつけられるような方がいますよね。
一方で、この人の話、早く終わらないかなぁ…と心の中で願わずにはいられない方もいます。

その違いはどこにあるのか?
今回は、「人を惹きつける話し方」について、少し考えてみました。

「人を惹きつける話し方」のコツは「相手のイメージを持つ」こと

【目次】
1)テクニックは大切だけれど
2)相手のイメージを持って話すこと
3)日常会話でも取材者の目を持つ
4)「普通の話」が何より大切

 

1)テクニックは大切だけれど

試しに、「人を惹きつける話し方」と検索してみますと、さまざまなホームページが出てきます。
その大半は、ある意味、話し方の「テクニック」面の話ばかりに見受けます。
これは、ハウツー本などの書籍でも同じような状況で、いわゆる「話し方教室」などでも同じことかもしれません。

もちろん、私もそのような「人を惹きつける話し方」テクニックそのものを否定する気はありません。
ただ、気になるのはテクニックの話に終始していて、最も大切な部分を見落としているような気がすることです。

私は、「人を惹きつける話し方」のコツは「相手のイメージを持つ」ことにあると考えています。

テクニックも大切ですし、とりわけ、「発声・滑舌」の練習は、「惹きつける」以前に、相手に、ちゃんと話を聞いてもらうために磨いておく必要はあるでしょう。
しかし、そのようなテクニック以前の話として、「話す相手のイメージを持って話す」こと。それが大切だと思います。

2)相手のイメージを持って話すこと

「話す相手のイメージを持って話す」こと。
と言われても今一つ、ピンと来ないかもしれません。

簡単に言えば、話す前から、

あの人は、こんな話題が好きそうだ
この話題なら興味を持つかも

と想像することです。
例えば、これから会って話す予定の人がいたら、合う前から、

この話好きかな?
何を話せばワクワクするかな?

といったことを考えるのです、

私自身、歩きながら、こういったことを良く考えるのですが、これは何も個人同士の話だけではありません。
私は会議に行く前には、今日の会議で話すネタ、何かないかな、と歩きながらどんどん考えるクセがついています。

このように、「話す相手のイメージを持って話す」ことを心がければ、相手が興味を持ちそうな話題にどんどん気が付くようになります。

3)日常会話でも取材者の目を持つ

この「相手のイメージを持つ」ことは、日常会話でも役に立ちます。
今話している話題、楽しんでくれているのか?
とか、他の事を気にしているから、この話は良くなかったかも…といったことを考えながら話すのです。

言い換えれば、取材者の目を持つことです。

取材者の目を持つことで、意識しなくても、相手の振る舞いや、ちょっとした変化に気が付くようになります。
すると、自然に、相手に合わせた話し方や話題の提供ができるようになります。
話を聞いていたら、ワクワクするような話ばっかり…という人がいれば、惹きつけられますよね。

「人を惹きつける話し方」はテクニックを身につけるというよりも、目の前に相手に好奇心を持つこと、そして、取材者の目で相手を見ることが大切だと私は考えています。
逆に、目の前の人に好奇心を持たず、言いたいだけを話している場合、どんなに発声・滑舌が良くて、色々なテクニックを使った話し方でも、それは人を惹きつけることは無いでしょう。

例えば、ただただ愚痴をこぼすだけの人は嫌われますが、「相手のイメージを持つ」ことの対極にあるからと言えます。

4)「普通の話」が何より大切

今回は、「人を惹きつける話し方」について書かせていただきました。
端的に言えば、相手に対して好奇心を持つことと言えるかもしれません。

新人アナウンサーだったころ、街に出て面白い話題を拾ってくるという課題をやったことがあります。
日常風景の中に、そうそう面白い話題が転がっている訳でもなく、かなり苦戦しました。

ただ、普段、見慣れた風景でも、何か面白いことはないか?と必至に探すと、いろいろと話題を見つけられるものです。
そして、同じ風景でも、人によって見つけるものは千差万別。
同じ場所に行って同じものを見ていても、発表する内容は、人によって全く違うのです。

見ているものは人それぞれだなぁと感じました。
今思えば、アナウンサーにとって大切な「好奇心」を身につける課題だったのかもしれません。

好奇心を持って話せば、普通の話題であっても、非常に面白く、魅力的なものになります。

どこにでもある「普通の話」を、好奇心の力で魅力的に見せてしまう。
そこにこそ、「人を惹きつける話し方」の真髄があるように、私には思われてなりません。

オンライン会議での話し方やコミュニケーションにお悩みの方はこちらもどうぞ
⇒ 梶原しげる直伝!Zoom 会議の話し方・コミュニケーション術
また、ツタバナ無料体験レッスンはこちらからどうぞ。
⇒ ツタバナ無料体験レッスン