スピーチはネタ次第?|会社の朝礼スピーチのコツ

皆さんこんにちは。
オンライン話し方教室「ツタバナ」塾長の梶原しげるです。

先日、無料体験レッスンを受けた方から、会社の朝礼スピーチのコツを質問されました。

会社の朝礼スピーチは、発声や滑舌、話し方も重要ですが、もっとも大切なのはネタ選びです。

話し方教室のブログですが、今回は話し方というよりは、ネタの考え方についてまとめてみました。

スピーチはネタ次第?|会社の朝礼スピーチのコツ

【目次】
1)全ては話すネタ次第
2)それは共感できる話なのか?
3)常にネタを準備することが大切
4)人が話している時に何をするか?
5)まとめ

1)全ては話すネタ次第

会社のお偉い人が、偉そうなことを次々に話す…そんな朝礼って、本当に面白くないですよね。

なぜ面白くないのか?

それは、話す側に、相手を楽しませよう、という意識が全く無いからではないでしょうか?

スピーチを聞いた方が、少しでも面白いと思ってくれるだろうか?
スピーチを聞く方に対して、少しでも役立つ話になっているだろうか?

このような意識を、スピーチをする側が少しでも持っていれば、スピーチに何らかの工夫をするはずです。
であれば、全く面白くない…ということにはならないものです。

スピーチの機会が多い、ある程度の役職の方になると、新聞の切り抜きなどをスクラップしている方がいます。
いつスピーチを振られても良いように、常にアンテナを張り巡らせ、皆が関心を持つ、面白いと思ってもらえるネタを、普段から探しているのです。

スピーチのネタと言いますと、よく、スピーチのネタ集みたいないものを利用される方ももいらっしゃいます。
朝日新聞の天声人語を頭から読むとか、スピーチ集を読むとか、何らかのひな形を使うとか、色々あります。

相手を楽しませる気が全くないスピーチよりは、まだマシですが、1つも自分らしさ、個性を出さないままスピーチを終えるのは良くありません。

そもそも、「ひな形」的なものは、元々、誰でも使えるように書かれています。
誰でも使える…ということは、逆に個性が無い…ということです。

そこには、その人らしさはありません。
偉い人のつまらないご高説もそうですが、個性の感じられない話も面白くありません。

会社の朝礼に限らず、スピーチの一番のコツは、話し方どうこう以前に「ネタ」にあると言えます。
聞き手に面白いと思ってらえるネタで、なおかつ、そこに自分らしさが加わっていると、さらに良いでしょう。

2)それは共感できる話なのか?

ネタ選びのポイントとして、もう1つ大切なことは、

そのネタに本気で共感できるのか?

ということです。

見た話、聞いた話を自分事として話すか、あるいは、それらの要旨を入口に自分の経験を述べる。

自分自身が共感できていない話は、聞き手の心を打つくことはありません。

  • その話にはどういう背景があり、
  • どうしてその一言になったのか?
  • そして、その一言に心を揺さぶられたのはなぜか?

単にネタを話すのでなく、それを自分の話として話すことが重要です。

ニュースや新聞の情報を集めるにしても、単に集めるだけでなく、必ず「自分の視点」を持つようにする。
そうすれば、自然に自分の話として話せるようになるでしょう。

3)常にネタを準備することが大切

私がまだ文化放送の若手アナウンサーだった時、ジャニーズ事務所の「少年隊」のパーティーに呼ばれたことがあります。
「少年隊」といえば、当時、人気絶頂のころで、なぜ私が呼ばれたのか?未だにわからないのですが、そのパーティーの時も、話す内容を用意して行ったことを覚えています。

何かの手違いで一言お願いします…となった時に何も話せないと大変だからです。

まさか、人気絶頂の「少年隊」のパーティーで、駆け出しアナウンサーが指名されて話すことは、万に一つもないでしょう。
しかし、全く予想外の、何かの手違いでパーティに呼ばれて、話す内容も無いだろう…と思われる人がいきなり指名される…といったことが芸能界では、ワリとあります。

芸能界でなくても、会社の懇親会やパーティーなどで、偉い方が気まぐれに「この中で一番の新人は?」と言い出し、その結果、「じゃ、ちょっと前に出て何か話してみよう」となることは、たまに見かける光景ですよね。

指名する側も期待しているわけでもありませんから、たいした話ができなくても問題ないでしょう。
ただ、その時に備えて、常にネタを用意しておくことは、実は自分自身の練習になります。

私自身も、当然のことながら「少年隊」のパーティーに用意していったネタは無駄になりました。
ですが、こうやってネタを作っておくことは、後で考えると一番の修行になった気がします。

ちなみに、今でもそうですが、私はパーティーやイベントに行く、一週間前ぐらいからネタを考え始めます。
ニュースや情報番組なども良く見ておきます。

当日は当日で、その場に集まるメンバーや、会場の飾りつけ、提供される食べ物などをよくよく観察し、準備したネタとの組み合わせを考えたり、どこをどういじって良いのか?頭をフル回転させていました。

それこそ、自分自身が芸能レポーターになったぐたいの気持ちでした。

思えば、アナウンサーの先輩たちも、みな、そういう訓練を自分でしているものです。
これは、パーティーだけに限らず、会議や朝礼などにも通じる話だと思います。

4)人が話している時に何をするか?

朝礼では、他の人が話している時も大切です。

他の人のスピーチは、常に自分のネタにできる可能性があります。
今、目の前で話している人の話が面白かったら、なぜ、面白いと感じたのか分析することで、自分のスピーチの参考にできます。

面白い言い回しやフレーズがあれば、それを覚えておけば、次に自分のスピーチにも取り入れることができます。

また、スピーチが自分の番になった時に、面白かったスピーチに乗っかることもできます。

「先ほど、○○さんが○○○○○という話をされましたが、とっても良かったですね。実際、私も昔…」

といった具合に、スピーチを広げることができます。

面白いスピーチをするためには、ネタ集めもそうですが、あらゆることに関心を持ち、アンテナを張り巡らせることが重要です。

5)まとめ

今回は、会社の朝礼スピーチの話から、スピーチのコツについて書かせていただきました。

話し方のテクニックや、スピーチの構成といったことも確かに重要なのですが、一番はスピーチを聞いてもらう方々に面白いと思ってもらえるような、「ネタ」選びにあると思います。
人を楽しませようと真剣に考えれば、ネタ選びもそうですか、周りを良く観察することにもつながります。

そして、そこに自分の視点を必ず入れること。
そうするだけで、ぐっとスピーチは良くなると思います。

 

オンライン会議での話し方やコミュニケーションにお悩みの方はこちらもどうぞ
⇒ 梶原しげる直伝!Zoom 会議の話し方・コミュニケーション術
また、ツタバナ無料体験レッスンはこちらからどうぞ。
⇒ ツタバナ無料体験レッスン