【ツタバナ】がお届けする勉強会

こんにちは、ツタバナ編集部です!
今回は、先日開催された日創研姫路経営研究会7月勉強会にご参加いただいた方々のアンケート回答を、ほんの一部ですがご紹介させていただきます。

問)【自社の経営課題に関して】

人財育成が課題 (幹部社員育成・若手社員育成)
② 経営戦略が課題
③ 財務体質が課題

④ 社風・企業文化が課題
⑤ 事業継承が課題

との回答がほとんどでした。

問)【今回の勉強会でどのような学びがありましたか?】

◇『相手を見て伝える大切さ』
◇『分かりやすく伝える構成 つかみの工夫』
◇『相手の立場に立ってのプレゼン・ありのままの自分を表現する』
◇『心を掴む話し方のヒント!ありがとうございます!』
◇『心を伝えることが大事』
◇『発信者責任 チームを活性化、改善、意志決定に導く』
◇『表情作りが苦手なので、スキル的に笑顔を作るよりもマインドから表情を作っていくような両方が大切だと思いました』
◇『心を伝える。かっこよくなくていい。言霊が大切だということを再認識できました』
◇『口角を上げて話すだけで自分の声が明るくなったのに気づいた』
◇『プレゼンテーションは生身の人間に伝えるライブ 
かっこつけない事がかっこいい』
◇『伝えることと、心を動かすこと という視点』
◇『発信者責任』
◇『口の形で声が変わる、声で好感度が変わる。プレゼンは「相手が知りたいことを網羅する」』
◇『声のトーンのさまざまな使い方』
◇『プレゼンは、理解、納得、共感、賛同を得る事だとわかりました』
◇『相手に心から寄り添い関わること、下手くそでも心から伝える言葉は必ず相手に届くこと💕プレゼンの仕組みetc』
◇プレゼンは”かっこよくなくてよい”ということを学びました
 『①メッセージを明確にする ②相手の知りたいことをすべて含めて話す ③客観的な根拠を提示する
  これらのポイントを押さえたうえで一生懸命に話せば、スマートに話せないとしても、心を伝えることができる
  プレゼンに苦手意識があった私にとって、非常に励みになりました』

問)【今回の勉強会をどのように仕事に活かしますか?】

◆『明日の話は、短く』
◆『接客につかみの工夫を取り入れます』
◆『相手に何を届けたいのかを事前に明確にしロープレなどを繰り返し構築していく』
◆『3分以内で話す練習します!』
◆『何を伝えたいかということを明確に話す』
◆『日々のコミュニケーションや、理念の見直し、社内浸透に活かす』
◆『きれいに伝えるよりも、心で伝わる場面もよくあるので、あらためて心から伝える大切さを学んだ』
◆『明日の朝礼で早速実践します』
◆『大きな明るい声で話しやすい雰囲気をつくっていく』
◆『良い、プレゼンテーションが出来る様に実践します』
◆『朝礼に導入してみようかなぁと思います。(プレゼン)』
◆『社員のみんなに言葉をプレゼントしたいです』
◆『社内でのコミュニケーションでも「相手が知りたいこと」を伝わるように工夫する』
◆『あらゆるシーンにおいて声の出し方に仕分けしょうと思います』
◆『相手を考えた言葉遣いに気をつけたいと思います』
◆『日々の社員さんとの関わり⑤を意識し行動していきます』
◆『私は新卒向けの合同企業説明会で会社説明をすることがあるので、弊社の魅力を存分に伝えられるように、
  本日の学びを活かしていきたいです』

【自由コメント欄】

◇『参加できてよかったです!』
◇『大変勉強になりました。ありがとうございました』
◇『設営ありがとうございました!』
◇『素晴らしい勉強会をありがとうございました』
◇『社員と共に学ばせていただける素晴らしい機会をいつもいただいています』
◇『梶原さんが自由で、設営の皆さん、お疲れ様でした』
◇『ツタバナの皆様 素敵な講演をありがとうございました!
  また、開催していただいた姫路経営研究会の皆様も貴重な機会をありがとうございました!』
◇『グループに別れての練習もあり、とても勉強になりました。ありがとうございました』
◇『外部講師をお招きしての講演とても新鮮で楽しかったです♪ありがとうございました!そしてお疲れ様でした』
◇『教えていただいたことを業務に活かせるように、繰り返し復習したいと思います。
  本日は貴重なお話をありがとうございました』


日創研
姫路経営研究会  大窪 健太郎 様
急なブログ記事掲載のお願いにもかかわらず、早速にもご承諾を賜り、厚く御礼申し上げます。

                                              【ツタバナ】編集部

日創研姫路経営研究会 https://nskk-himeji.org/

企業研修・勉強会などをお考えの皆様、どうぞお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせフォーム ⇒https://tsutabana.jp/contact/