「あのー」「ええと」「そのぉ」つなぎ言葉を改善する方法

皆さんこんにちは。
「ツタバナ」塾長の梶原しげるです。

以前、「言葉癖」について、ブログを書いたのですが、意外に多くの方が悩まれているようです。

話は始めに「え~」「う~ん」「あのですね」などと、言ってしまう、「意味の無い口癖」こと。
これは、学問的では、「つなぎ言葉」=「フィラー」と呼ばれています。

会話の際に、「あのー」「ええと」「そのぉ」のような、「つなぎ言葉」が思わず出てしまう…。
少しぐらいなら問題ないのですが、同じ言葉が頻繁に登場すると、聞き手もかなり気になってきます。

そこで今回は、「つなぎ言葉」の改善方法について書かせていただきます。

「あのー」「ええと」「そのぉ」つなぎ言葉を改善する方法

【目次】
1)「つなぎ言葉」は無くさなければいけないのか?
2)なかなか止められない「あのー」
3)まずは録音して自分自身のつなぎ言葉(フィラー)を確認
4)「あのー」「ええと」「そのぉ」を止める方法
5)まとめ

 

1)「つなぎ言葉」は無くさなければいけないのか?

実際のところ、「あのー」や「ええと」を無くすのは、なかなか大変です。

そもそも、「あのー」や「ええと」などの「つなぎ言葉」=「フィラー」は、無くす、つまり完全に「0」にする必要があるのでしょうか?

実は「あのー」のような「つなぎ言葉」には、色々な役割があります。

まず、自分が話すペースをつかむために言う「あのー」。
話し出すタイミングや、会話の中に、「あのー」などの「つなぎ言葉」を定期的に織り交ぜることで、話にリズム感が出て、自分のペースで話しやすくなります。

また、聞き手にとっても、話と話のつなぎ部分に「間」ができることで、そこで一呼吸できます。
聞き手に「間」を与えることで、お互いに気が楽になるという効果もあります。

とはいえ、例えば「あのー」であれば、元々は「あの○○○○○は・・・」という、何かを指示する言葉から派生したものです。
何も「指示」しない、どこに受け手があるかわからない「あのー」が頻繁に出てくると、聞き手側としては、やはり気になってきます。

「つなぎ言葉」=「フィラー」を完全に無くすことは、かなり難しいですし、必ずしも「0」にする必要はないでしょう。

ただ、聞き手側が気になる(そして自分でも気になる)ぐらいの頻度で使ってしまっているようでしたら、ある程度は改善する努力を行っても良いでしょう。

2)なかなか止められない「あのー」

ただ、「あのー」「ええと」「そのぉ」のような、いわゆる「つなぎ言葉」=「フィラー」を無くすことは、なかなか大変です。

先ほどの書きましたが、ある意味、自分の話すペースをつかむために、無意識の内に使っています。
それを無くすとなると、そうとう強く「使うのを止めよう!」と意識する必要があります。

ただ、人間はなかなか不器用な生き物です。
「あのー」を無くすと、自分のペースが掴めず、会話に集中できなくなってきます。

強く意識するあまり、話の大事な部分が、ごっそり抜け落ちてしまうといったことも起きかねません。
そうなると本末転倒です。

また、強く意識しても「あのー」はなかなか減りませんので、だんだん嫌になってきます。
しまいには、自分はどうしてこんなにできないのだろう・・・と落ち込むことになりかねません。

ちなみに、心理学的に考えますと、会話をするという緊張感が背景にあるのかもしれません。

1度口にした言葉は、2度3度使うのは、あまり抵抗感を感じなくなります。
つまり、1度口にした「あのー」は、心理学的にも口から出やすいと言えます。

人間が、「つなぎ言葉」=「フィラー」を発するのは、むしろ自然なことなのかもしれません。

3)まずは録音して自分自身のつなぎ言葉(フィラー)を確認

ただ、それでも自分は「つなぎ言葉」=「フィラー」が気になってしかたがない・・・ということであれば、まずは現状を確認してみましょう。

実際に、自分が話しているところ、できれば、自然に会話しているところを録音するのがお勧めです。

自分の録音を聞き、まずは、

  • 自分がどのような「つなぎ言葉」を使っているのか?
  • それらの「つなぎ言葉」をどのようなタイミングで発しているのか?

を把握してみましょう。

できれば、第三者にも聞いてもらい、自分自身の「つなぎ言葉」が、気になるかどうか、確認してください。
あまり気にならないレベルであれば、対策は不要ですし、ここだけ直せば、というポイントが見つかれば、そこ重点的に対策することができます。

もちろん、完全に「0」にする、というよりは、無理のない範囲で、減らすぐらいで良いと思います。

4)「あのー」「ええと」「そのぉ」を改善する方法

では、ここから実際に「つなぎ言葉」=「フィラー」を改善する方法をご紹介します。

ここまで書きましたように、「つなぎ言葉」を「0」にすることは、大変ハードルが高く、そうとう難しことです。
少しづつ、気になる部分を減らしていく・・・ぐらいの感覚で挑戦するのが良いでしょう。

以下に、「つなぎ言葉」を改善するための4つの方法を書かせていただきます。

言葉を立てる話し方を意識する

これまでに何度か、このブログでも書かせていただきましたが、上手に話す方法(相手に伝わる話し方)で、

「伝えたい言葉を立てる」

ということを紹介させていただきました。

これは、自分の話す内容について、「何が大切なのか?」をまず考え、その上で、重要な部分について、「伝えたい言葉を立てる」という方法です。

原稿を読むように平板に話すのではなく、特に「伝えたい言葉」について、

その言葉の前に、少し間を開ける
他の言葉よりもテンションを高めにして話す

といったことを意識するのです。

そうすると、相手にも、その話の中で、どこが重要な部分なのか?が伝わりやすくなります。

実は、このような話し方をすると、話自体にリズム感が出て、自分の話すペースをつかみやすくなります。
その結果、ペースをつかむための「つなぎ言葉」を使う必要が減ります。

意識して無理に減らそうとするよりも、大切なことをどのように相手に伝えるかを考える方が、「つなぎ言葉」の削減には効果的なのです。

話し方にメリハリをつけ間を意識する

「伝えたい言葉を立てる」方法に似ていますが、自分の話し方にメリハリをつけるだけでも、かなり、「つなぎ言葉」を減らせます。

メリハリをつけるだけでなく、話す際の「間」を意識して話すと、やはり、話のペースがつかめます。

「伝えたい言葉を立てる」方法と同じように、ペースをつかむための「つなぎ言葉」を使う必要が減るのです。

「あのー」の前に沈黙する練習

ここまでの2つ・・・相手に伝わりやすい話し方を意識すれば、「つなぎ言葉」はかなり改善できると思います。

ただ、それでも気になる・・・という場合、「あのー」「ええと」「そのぉ」を言うタイミングで、しばし沈黙する。という練習をするのがおススメです。

「つなぎ言葉」は、話すペースをつかむために、意味の無い言葉を入れている状況ですから、無理に次の話題をするのではなく、そこに「間」を置くのです。

会話中に「沈黙」するのは非常に勇気がいりますが、「あのー」の代わりにちょっと黙るくらいでしたら、聞き手もそれほど気にならないでしょう。
「沈黙」を置くことで、自分の話すペースも崩れませんし、ちょうど良い「間」となるので、話す内容も伝わりやすくなります。

大事なことは2回繰り返して話す

最後に、どうしても「あのー」「ええと」「そのぉ」などの「つなぎ言葉」が改善できない場合、「大事なこと」を2回繰り返して話す方法もあります。
やりすぎると、話がクドくなったり、相手に不快感を与える可能性がありますので、使いすぎは禁物です。

ただ、話の中で、これは重要だ!という部分については、同じことを2回繰り返しても問題ありません。
同じことを、2回繰り返して言うことで、リズム感が出て、自分の話のペースが掴みやすくなります。

ペースがつかめれば、「つなぎ言葉」を使う頻度も少なくなるでしょう。

もちろん、これらは単独でやるよりも、組合せて使うと効果的です。

ただ、ポイントとしては、

  • 「つなぎ言葉」は無理に、「0」にする必要はない
  • 相手に伝わる話し方を意識することで「つなぎ言葉」は自然に減る

ということを意識してください。

5)まとめ

今回は、「つなぎ言葉」=「フィラー」、いわゆる「言葉癖」の改善方法について書かせていただきました。

「あのー」「ええと」「そのぉ」といった「つなぎ言葉」を「0」にすることはかなり難しいです。
無理に止めようとすると、話し方のペースが崩れ、話すリズムを失い、肝心なことを伝えわすれる・・・といった可能性もあります。

あまり、気にせずに、相手に話す内容をどう伝えるか?どうやったら伝わりやすいのか?を考えながら話すことで、かなり改善できます。

でも、実際、改善しなければならないほど、気になるものか?一度、自分の会話を録音してチェックしてみればどうでしょうか?
(ただ、自分の話しているところを聞くのは、なかなかツライ体験ですが・・・)

その上で、改善が必要ならば、4章で解説した改善方法を試していただければ、と思います。

なお、「つなぎ言葉」=「フィラー」については、気にしているのは、自分だけ・・・聞き手は全く気になっていなかった・・・といったこともあります。
もし、ご自分の話し方に自信がない・・・ちゃんと話せているか不安だ・・・という方は、ぜひ、「ツタバナ」の無料体験レッスンをご利用ください。

私が直接、あなたの話し方を聞かせていただき、改善策をアドバイスさせていただきます。

⇒ ツタバナ・無料レッスンはこちら