初めての人と緊張する!緊張を和らげる方法|人見知り編

皆さんこんにちは
オンライン話し方教室「ツタバナ」塾長の梶原しげるです。

「緊張」をテーマにブログを書いてきましたが、4回目の今回は、「初めて会う人」と会話する場合を考えたいと思います。

緊張を緩和する方法は、以前のブログ

「人と話す時に緊張してしまう」緊張を上手に緩和する方法?

で、3つの基本的な方法をご紹介しました。

もちろん、「初めて会う人」と話す時の「緊張」も、すでにご紹介した「お腹で呼吸」「ルーティンを決める」「客観視」の3つの方法が有効です。
ここでは、3つの方法以外のヒントを書かせていただきます。

初めての人と緊張する!緊張を和らげる方法|人見知り編

【目次】
1)初めて会う人と緊張して話せない
2)大切な最初の出会い:リレーションづくり
3)「自然な態度」を練習する
4)どうでも良い質問で関係性を作る
5)梶原流・最初の質問
6)まとめ:誰でも緊張するもの

 

1)初めて会う人と緊張して話せない

オンライン話し方教室「ツタバナ」でレッスンしていると、生徒さんの中にも、「人見知り」だと自覚されている方が多くおられます。

「初めて会う人」の前だと、極度の緊張状態になってしまい、なかなか言葉を発することができない。
打ち解けるまでに、そうとう苦労して、結局、たいした話もできないまま、その人と別れることになってしまう…。

そのような残念な結果になることも多いでしょう。

こうした「緊張」も、以前のブログに書きました、緊張を緩和する3つの方法が有効です。
(→ 「人と話す時に緊張してしまう」緊張を上手に緩和する方法

ただ、お見合いや合コン、なんらかの会合など、事前に「初めて会う」ことがわかっていれば、あらかじめ「緊張を緩和する方法」を実践しておけます。
しかし、偶然、密室で2人きりになってしまった…そのような時など、いきなりお腹を膨らませたり、へこませたりは、なかなかできないですよね。

これはなかなか困った問題です。

2)大切な最初の出会い:リレーションづくり

カウンセリングの世界では、「リレーションづくり」と言って、最初の出会い頭の会話をとても大切にしています。

この最初の会話が上手くいけば、その後の関係づくりはスムーズに行きます。
しかし、ボタンを1つ掛け違えると、なかなか打ち解けることができません。

そもそも、初対面の人と「打ち解ける」のは、とても難しいことです。
ある意味、コミュニケーションのプロといえるカウンセラーであっても、それは変わりません。

ですから、この最初の会話から、

相手との良好な関係性をどうやって作っていくのか?

に神経を使います。

つまり、「人見知り」かどうかにかかわらず、「初めて会う人」との最初の会話は難しいものですし、誰でも「緊張」するものなのです。
そして、それは話す相手も同じです。

相手もあなたの初めての会話に「緊張」しています。

3)「自然な態度」を練習する

人は「緊張」していると、怒っているように見える場合があります。

自分自身で気が付かない間に、怒っているような、怖い表情している可能性があるのです。
逆に、話す相手が怖い表情をしていても、それは「緊張」によるものの可能性が考えられます。

そのままの状態で話し出すと、なかなか良好な関係は築けません。

本来、お互いに良好な関係を築きたいと考えているのに、実際は、ものすごく非友好的な態度で接してしまう…そんなことになりかねないでしょう。

そこで、お勧めの方法は、ウソでも良いので、「自然な態度」に見えるようすることです。

内心、極度に緊張していたとしても、顔つきや雰囲気、態度などに、それを出さない。
顔には微笑みを浮かべ、穏やかな風に見せる…。

これにはある程度、練習が必要ですが、相手に「自然な態度」と見せることで、相手の緊張も和らぎます。
すると、相手のこわばった表情も、徐々に穏やかになっていくハズです。

逆に、自分の緊張が表に出ると、相手にも伝染し、身構えてしまいます。
そうなると、なかなか効果的な最初の話もできません。

内心は緊張していても、それを表に出さないことで、良好な関係に近づけるのです。

実際、やってみるとかなり難しいのですが、その第一歩として、まずは、緊張している時の自分の表情をチェックしておきましょう。

「緊張すると怒ったように見える」
「相手に無関心に見える」
「能面みたいに無表情になる」

そういった自分の特徴を理解し、内面で緊張していても、その表情が表に出ないように訓練します。

自然な笑顔を浮かべる練習をしても良いでしょう。
笑顔で、自分のこわばった表情をごまかす作戦です。

4)どうでも良い質問で関係性を作る

さて、何とか内面の緊張を表に見せない「自然な態度」に成功したとします。
次に重要なポイントになるのが、

最初にどのような話をするべきなのか?

です。

相手の質問を待つのも良いかもしれませんが、とにかく、自分から声を出して話しかけるように心がけましょう。
声を出し、声帯を動かすことも、緊張の緩和に役立ちます。

「人見知り」する方にとって、それこそ最もハードルが高いことかもしれません。
しかし、この最初の会話、それほど難しく考える必要はありません。

最初の話は、どうでも良い内容の質問でスタートして良いのです。

というよりも、「どうでも良い内容の質問」で始める方がお勧めです。
それこそ内容は、天気だとか、気温だとか、本当にそんなもので構いません。

重要なことは、相手が簡単に肯定あるいは否定できる内容(はい/いいえで答えられる内容)の質問することです。

自分「今日は良く晴れましたね」
相手「そうですね」
自分「先週だったら凄い雨だったので、良かったですよね」
相手「確かに、先週は…」

と、会話を続けることができます。

相手との良好な関係を作るためには、話の内容よりも、まずは言葉のキャッチボールをすることが重要です。
どうでも良い内容でも、会話を繰り返すことで、お互いの緊張は徐々に緩和し、打ち解けていきます。

逆に、これが、簡単に答えられないような質問だった場合、そこで話が止まってしまいます。
そのまま、お互いに気まずい空気になって、先が続きません。

この最初の質問は、相手が思わず反応したくなるような内容であればベストです。
また、逆にちょっと反発したくなるようなものにすると、それでも会話が続いていきます。

いずれにしても、どのような内容でも良いので会話を続けることがポイントです。

5)梶原流・最初の質問

長年、色々な方とお話する機会がありますが、そんな私も初対面の方と話す時は緊張します。

そんな私の「最初の質問」について書かせていただきます。
相手と、会話のキャッチボールを続けるための質問ですが、こういう方法もあるのか、と参考にしていただければ、と思います。

私の場合、仕事で地方に行くことが多く、地元の方と話す機会が多くなります。
その際に、最初の会話は、だいたい、(私の住んでいる)東京を下げて、その地方を上げるような質問からスタートするようにしています。

「もう、東京はゴミゴミして住みずらいですが、こちらは空気も澄んでいて、のびのびできますね」
「こちらにお住まいの皆さんは、みんなニコニコしていて気持ちが良いですね…東京はどうも皆さん怖い顔で…」

こんな感じで質問すると、たいていの方は、「そんなことはないですよ…」と返してきます。
肯定でも否定でも良いので答えが返って来れば、それに合わせて会話を続けることができます。

「そんなことはないですよ」
「いえいえ、そんな謙遜されることはありません。ここは…」

と話を続けることができわけです。

また、私は、初対面の方と話す時に、話す相手や、その場所について、よくよく観察するようにしています。
相手の表情であったり、服装であったり、その場の雰囲気であったり、そこから質問のネタを考えるのです。

相手は絶対に知っているもので、できれば私は知らないものについて質問にすると、そこから相手が色々と教えてくれて、自然に話が弾みます。

例えば、相手がその土地のゆるキャラのバッジをつけていれば、

「そのキャラ、カワイイですね、何ていうキャラなんですか?」

できたばかりの公会堂のイベントに呼ばれた時には、

「この公会堂は木材がたくさん使われていますね…」

といった具合です。

それが、相手が自慢のモノやコトであれば、それがキッカケになって会話が実にスムーズに続いていきます。

6)まとめ:誰でも緊張するもの

「人見知り」かどうかにかかわらず、初対面の人との会話は、誰もが緊張するものです。
特に、これから、その相手と良好な関係を築きたい場合、余計に緊張します。

「緊張を緩和する」3つの方法も効果的ですが、まずは、緊張していても、相手にそうは見えないように練習しておくことが大切です。

そして、最初の会話。
相手が、「はい」か「いいえ」で単純に答えられる質問をすることで、会話が途切れず、言葉のキャッチボールにすることができます。

また、私が実際に行っている初対面の方に対する質問や、質問を探すために、相手やその場所をよく観察する…という話をご紹介しました。

改めて整理してみますと、そうした相手や場所を観察する行為も、「緊張を和らげる」効果を持っている可能性に気が付きました。
観察し、質問を考えることで、自分自身を冷静にさせ、緊張から意識をそらす役割を果たしているのかもしれません。

「緊張」で、なかなか初対面の人と上手にコミュニケーションできない…そのような方は、ぜひ試してみてくださいね。

■ 「緊張を和らげる方法」関連のブログ記事はこちら
「人と話す時に緊張してしまう」緊張を上手に緩和する方法
大勢の前で話すと緊張する!緊張を和らげる方法|講演会・スピーチ編
営業やプレゼンで緊張してしまう!緊張を武器にする考え方

 

ツタバナでは、1人1人の悩みに合わせて、話し方のレッスンを行っています。
もし、緊張して上手に話せない…とお悩みの方、ツタバナの無料体験レッスンはいかがですか?
塾長の梶原しげるをはじめ、話し方のプロであるアナウンサーが、楽しいレッスンを通して、緊張しないで話せるように、サポートいたします。

⇒ ツタバナ・無料レッスンはこちら