「伝わる話」=ツタバナでは、
「想いを伝える」話し⽅を学びます。

⼀⾔で、「想いを伝える」といいますが、 それがなかなか難しい。

「伝わる会話」を実現するためには
「伝える技術」を⾝につける必要があります。

呼吸法、発声、発⾳、滑⾆、抑揚、間…などなど、アナウンサーなどの「しゃべりのプロ」が使う「発話のテクニック」を上⼿に取り⼊れることで、「誤解無く、正しく伝える」技術は⾝につきます。

「伝わる会話」を実現するためには
「伝える技術」を⾝につける必要があります。

呼吸法、発声、発⾳、滑⾆、抑揚、間…などなど、アナウンサーなどの「しゃべりのプロ」が使う「発話のテクニック」を上⼿に取り⼊れることで、「誤解無く、正しく伝える」技術は⾝につきます。

「伝わる会話」を実現するためには
「伝える技術」を⾝につける必要があります。

呼吸法、発声、発⾳、滑⾆、抑揚、間…などなど、アナウンサーなどの「しゃべりのプロ」が使う「発話のテクニック」を上⼿に取り⼊れることで、「誤解無く、正しく伝える」技術は⾝につきます。

しかし、それで⼗分か?といえば、そうも⾔いきれません。 「伝える技術」には、「誤解無く、正しく伝える」ことはもちろん、「この⼈の話を聞いて良かった」という「温かみ」や「感じの良さ」を届けることが、思った以上に大切です。世の中には、「話し⽅」を教える教室は数多くありますが、その⼤半が、「誤解無く、正しく伝える」技術にばかり⽬を向けているように思います。 ツタバナでも、もちろん、「誤解無く、正しく伝える」技術の習得が⼤前提です。だからこそ、講師陣は、アナウンサーを中心とした「しゃべりのプロ」を揃えました。

しかし、それで⼗分か?といえば、そうも⾔いきれません。 「伝える技術」には、「誤解無く、正しく伝える」ことはもちろん、「この⼈の話を聞いて良かった」という「温かみ」や「感じの良さ」を届けることが、思った以上に大切です。世の中には、「話し⽅」を教える教室は数多くありますが、その⼤半が、「誤解無く、正しく伝える」技術にばかり⽬を向けているように思います。 ツタバナでも、もちろん、「誤解無く、正しく伝える」技術の習得が⼤前提です。だからこそ、講師陣は、アナウンサーを中心とした「しゃべりのプロ」を揃えました。

しかし、それで⼗分か?といえば、そうも⾔いきれません。 「伝える技術」には、「誤解無く、正しく伝える」ことはもちろん、「この⼈の話を聞いて良かった」という「温かみ」や「感じの良さ」を届けることが、思った以上に大切です。世の中には、「話し⽅」を教える教室は数多くありますが、その⼤半が、「誤解無く、正しく伝える」技術にばかり⽬を向けているように思います。 ツタバナでも、もちろん、「誤解無く、正しく伝える」技術の習得が⼤前提です。だからこそ、講師陣は、アナウンサーを中心とした「しゃべりのプロ」を揃えました。

「しゃべりのプロ」だからこそ、誰よりも「伝える話し方を手にしたい」と願う受講生の強い気持ちが手に取るようにわかります。
「プロ講師たち」の新人時代は、しゃべりの現場で、思ったように仕事ができず、上司、先輩のみならずロケに集まった一般の人から「かわいそうに」と同情され、涙混じりの笑顔で応えながら「もっと上手くなりたい」とひたすら頑張ったものです。

ツタバナの「しゃべりのプロ」は「想いを伝えるプロ」であると同時に「想いを聴き出すプロ」でもあります。
「想い」とは「考え」「願望」「執念」など個々人それぞれが胸に秘める「強い気持ち」を表現する「重い言葉」です。
それだけに、レッスンを重ね、ある日突然、「あ、今、自分の想いを自由に語れた!」「私の想いを受け止めてもらえた!」
実感できた瞬間の「やった感」は何にも変えがたい体験となります。

さあ、みんなで一緒に恥をかこうぜ!

「しゃべりのプロ」だからこそ、誰よりも「伝える話し方を手にしたい」と願う受講生の強い気持ちが手に取るようにわかります。
「プロ講師たち」の新人時代は、しゃべりの現場で、思ったように仕事ができず、上司、先輩のみならずロケに集まった一般の人から「かわいそうに」と同情され、涙混じりの笑顔で応えながら「もっと上手くなりたい」とひたすら頑張ったものです。

ツタバナの「しゃべりのプロ」は「想いを伝えるプロ」であると同時に「想いを聴き出すプロ」でもあります。
「想い」とは「考え」「願望」「執念」など個々人それぞれが胸に秘める「強い気持ち」を表現する「重い言葉」です。
それだけに、レッスンを重ね、ある日突然、「あ、今、自分の想いを自由に語れた!」「私の想いを受け止めてもらえた!」
実感できた瞬間の「やった感」は何にも変えがたい体験となります。

さあ、みんなで一緒に恥をかこうぜ!

「しゃべりのプロ」だからこそ、誰よりも「伝える話し方を手にしたい」と願う受講生の強い気持ちが手に取るようにわかります。
「プロ講師たち」の新人時代は、しゃべりの現場で、思ったように仕事ができず、上司、先輩のみならずロケに集まった一般の人から「かわいそうに」と同情され、涙混じりの笑顔で応えながら「もっと上手くなりたい」とひたすら頑張ったものです。

ツタバナの「しゃべりのプロ」は「想いを伝えるプロ」であると同時に「想いを聴き出すプロ」でもあります。
「想い」とは「考え」「願望」「執念」など個々人それぞれが胸に秘める「強い気持ち」を表現する「重い言葉」です。
それだけに、レッスンを重ね、ある日突然、「あ、今、自分の想いを自由に語れた!」「私の想いを受け止めてもらえた!」
実感できた瞬間の「やった感」は何にも変えがたい体験となります。

さあ、みんなで一緒に恥をかこうぜ!

「伝わる話」
=ツタバナ‧3つの特徴

梶原メソッドで⽬指す
想いを伝える」話し⽅

ツタバナの塾⻑‧梶原しげるは、⽂化放送でラジオのアナウンサーとしてデビューして以来、半世紀にわたり、しゃべりのプロ「アナウンサー」として経験を積み重ねてきました。 また、49歳にして、東京成徳⼤学⼤学院⼼理学研究科に進学、⼼理学修⼠号を取得。精神科クリニックや⼼理相談センターでカウセンリング業務も経験。現在は、同⼤学の客員教授として、コミュニケーション学を担当しています。
しゃべりのプロとして培った「誤解無く、正しく伝える」技術に、カウンセラーとして経験した「⼼のあり⽅」=、「想いを伝える」話し⽅の⼤切さをプラス。
テクニックとメンタルの融合した「話し⽅」を学ぶ⽅法…それがツタバナで教える「梶原メソッド」です。

梶原メソッドで⽬指す
想いを伝える」話し⽅

ツタバナの塾⻑‧梶原しげるは、⽂化放送でラジオのアナウンサーとしてデビューして以来、半世紀にわたり、しゃべりのプロ「アナウンサー」として経験を積み重ねてきました。 また、49歳にして、東京成徳⼤学⼤学院⼼理学研究科に進学、⼼理学修⼠号を取得。精神科クリニックや⼼理相談センターでカウセンリング業務も経験。現在は、同⼤学の客員教授として、コミュニケーション学を担当しています。
しゃべりのプロとして培った「誤解無く、正しく伝える」技術に、カウンセラーとして経験した「⼼のあり⽅」=、「想いを伝える」話し⽅の⼤切さをプラス。
テクニックとメンタルの融合した「話し⽅」を学ぶ⽅法…それがツタバナで教える「梶原メソッド」です。

梶原メソッドで⽬指す
想いを伝える」話し⽅

ツタバナの塾⻑‧梶原しげるは、⽂化放送でラジオのアナウンサーとしてデビューして以来、半世紀にわたり、しゃべりのプロ「アナウンサー」として経験を積み重ねてきました。 また、49歳にして、東京成徳⼤学⼤学院⼼理学研究科に進学、⼼理学修⼠号を取得。精神科クリニックや⼼理相談センターでカウセンリング業務も経験。現在は、同⼤学の客員教授として、コミュニケーション学を担当しています。
しゃべりのプロとして培った「誤解無く、正しく伝える」技術に、カウンセラーとして経験した「⼼のあり⽅」=、「想いを伝える」話し⽅の⼤切さをプラス。
テクニックとメンタルの融合した「話し⽅」を学ぶ⽅法…それがツタバナで教える「梶原メソッド」です。

プロのアナウンサーが
マンツーマンで懇切丁寧、徹底指導

呼吸法、発声、発⾳、滑⾆、抑揚、間の取り⽅といった「誤解無く、正しく伝える」技術については、「しゃべりのプロ」が、受講生と「一対一のマンツーマン方式」で指導します。
マンツーマンならではのオーダーメイド、あなただけのレッスンを存分にお楽しみ下さい。受講生の悩み、受講生の不安、受講生の希望に、じっくり寄り添いながら丁寧に「学びの時」を分かち合います。どんなささいなことでもあなたの講師に遠慮することなくドンドンぶつけて下さい。
ぶつかればぶつかるほど、充実した時をシェアーでき、伝わる話し方のスキルも短時間で習得できます。

プロのアナウンサーが
マンツーマンで懇切丁寧、徹底指導

呼吸法、発声、発⾳、滑⾆、抑揚、間の取り⽅といった「誤解無く、正しく伝える」技術については、「しゃべりのプロ」が、受講生と「一対一のマンツーマン方式」で指導します。
マンツーマンならではのオーダーメイド、あなただけのレッスンを存分にお楽しみ下さい。受講生の悩み、受講生の不安、受講生の希望に、じっくり寄り添いながら丁寧に「学びの時」を分かち合います。どんなささいなことでもあなたの講師に遠慮することなくドンドンぶつけて下さい。
ぶつかればぶつかるほど、充実した時をシェアーでき、伝わる話し方のスキルも短時間で習得できます。

プロのアナウンサーが
マンツーマンで懇切丁寧、徹底指導

呼吸法、発声、発⾳、滑⾆、抑揚、間の取り⽅といった「誤解無く、正しく伝える」技術については、「しゃべりのプロ」が、受講生と「一対一のマンツーマン方式」で指導します。
マンツーマンならではのオーダーメイド、あなただけのレッスンを存分にお楽しみ下さい。受講生の悩み、受講生の不安、受講生の希望に、じっくり寄り添いながら丁寧に「学びの時」を分かち合います。どんなささいなことでもあなたの講師に遠慮することなくドンドンぶつけて下さい。
ぶつかればぶつかるほど、充実した時をシェアーでき、伝わる話し方のスキルも短時間で習得できます。

⽬指すのは肩ひじ張らない
⾃然体の話し⽅

「普通に話す」って実はとても難しいこと。
見栄を張らない、そういう「⾃然体の話し⽅」をガイドと受講⽣が⼀緒になって⽬指す…それがツタバナです。
「どうしたら正しい話し⽅ができるんですか?」と悩まれる⽅が多くいます。確かに、正しく話すことは重要かもしれません。しかし、「正しく話すこと」に囚われると、⾃由に話せなくなり、「想いを伝える」ことも難しい。
何よりも、話していて全く楽しくない。
「〇〇でなければいけない」を取っ払い、素の⾃分をしゃべる。「こんな に⾃由に喋っていいんだ」
話し手としての自分の成長が見えてくる。
そんな境地をツタバナで⼀緒に⽬指しませんか?

⽬指すのは肩ひじ張らない
⾃然体の話し⽅

「普通に話す」って実はとても難しいこと。
見栄を張らない、そういう「⾃然体の話し⽅」をガイドと受講⽣が⼀緒になって⽬指す…それがツタバナです。
「どうしたら正しい話し⽅ができるんですか?」と悩まれる⽅が多くいます。確かに、正しく話すことは重要かもしれません。しかし、「正しく話すこと」に囚われると、⾃由に話せなくなり、「想いを伝える」ことも難しい。
何よりも、話していて全く楽しくない。
「〇〇でなければいけない」を取っ払い、素の⾃分をしゃべる。「こんな に⾃由に喋っていいんだ」
話し手としての自分の成長が見えてくる。
そんな境地をツタバナで⼀緒に⽬指しませんか?

⽬指すのは肩ひじ張らない
⾃然体の話し⽅

「普通に話す」って実はとても難しいこと。
見栄を張らない、そういう「⾃然体の話し⽅」をガイドと受講⽣が⼀緒になって⽬指す…それがツタバナです。
「どうしたら正しい話し⽅ができるんですか?」と悩まれる⽅が多くいます。確かに、正しく話すことは重要かもしれません。しかし、「正しく話すこと」に囚われると、⾃由に話せなくなり、「想いを伝える」ことも難しい。
何よりも、話していて全く楽しくない。
「〇〇でなければいけない」を取っ払い、素の⾃分をしゃべる。「こんな に⾃由に喋っていいんだ」
話し手としての自分の成長が見えてくる。
そんな境地をツタバナで⼀緒に⽬指しませんか?